自然治癒促進療法

イトオテルミー施術所 中山  

店舗詳細

0467-39-6386(完全予約制)

    皮膚から送る「適熱」で健康維持を促進

     マッサージでも鍼灸でもない「温熱刺激療法・イトオテルミー」の施術院。日本の医学博士・伊藤金逸氏が20余年をかけて開発(1929年)したという熱源と専用の器具を使い、皮膚から熱を送ることで体内物質の新陳代謝を促進、体調の向上に貢献するという療法で、テルミーはギリシャ語で温熱を意味しています。

    効果や感動がなければ、続ける意味がない

     施術にあたるのは、上海中医学大で東洋医学を学び、日本の薬科大で薬学を学び、テルミー技術者養成校でその専門技術を学んだという中山嘉由紀さん(中医学学士・イトオテルミー療術師)。「器具をそろえて使い方を知れば誰でも簡単に始められる療法でもあるのですが、正しい認識とその優れた効力を実感していただくために、ぜひ当院での施術をご体験いただきたいと願っています」

    気になる症状がある方も、ない方も、1度は体験していただきたいデス

    施術料は4,500円(1回)。所要時間は1回約50分。
     「皮膚に直接熱源を送り込むため、上半身は何も身に付けずに専用の着衣に着替えていただきます。症状によっては背中だけで十分な場合もありますが、一応、ご理解の上でご来院いただきますようお願い申し上げます」(中山先生)

    もう少し踏み込んだ説明をすると…

     テルミー療法では、約120℃~40℃の熱を使ってリズム的に皮膚に刺激を与えていきます。まず、40℃以上の温度で温感覚器が興奮し、45℃以上の温度になると冷感覚器が興奮します。更に、70℃以上の温度で皮膚を刺激すると、脳の回路が開きます。脳は刺激によって温めるか冷やすかを判断し、適材適所に指令を送ります。
     施術者は、患者さんの状態や症状をよく診て、どこにどの程度の熱を入れていくかを判断し、柱火の大きさを決めていくわけです。テルミーの熱は、線で入っていって体の深部まで届くと言われています。
     ちなみに、テルミーの施術では「熱い」と感じさせることもなければ、皮膚を傷つけることもありません。

    テルミーで期待されること

     毛細血管が反射的に拡張するため、物質の交換がスムーズに行われるようになります。特に、手足の毛細血管の動脈と静脈は直接つながっているから、手足の血行を良くすることは全身の血流にも影響を与え、健やかな状態に導く手段としては非常に効果的と考えられる…というのが最も簡単な説明だと思います。
     施術の後に「温泉に入ったような爽快感があった」という方が少なくないのは、上記の理由によるものでしょう。体の小さなワンちゃんは、ものの数分で”うっとり”と静かになります。(写真はわが家のワンちゃんですが、調子が悪くなると専用の場所でボクを待っております。。。)

    テルミーは日本生まれの優れた技術

     中国・上海の病院に勤務していた頃、日本生まれのテルミーについて聞かれることが増えていきました。写真は台湾で開催した講習会の様子です。皆さん熱心に勉強されており、ボクも学ぶことばかりでした。

    店名

    自然治癒促進療法 イトオテルミー施術所 中山  

    所在地茅ヶ崎市浜竹4-1-12
    電話番号0467-39-6386 完全予約制
    営業時間10時~19時
    定休日土曜休診
    駐車場有り