講演会「花の詩画の源流 ―星野富弘その人と作品―」

1970年、30歳当時体育教師としての指導中、怪我による重傷で方から下の機能が麻痺してしまい、
入院生活中に、口にくわえた筆で文や絵を描くことを始めたという詩人・画家の星野さん。
氏の幼馴染であり、富弘美術館館長でもある聖生清重(せいりゅう きよしげ)氏による講演会です。

11/10(金)~、茅ヶ崎駅北口の「長谷川書店ネスパ店」にて、詩画集&カレンダー展も開催されます。
作品を鑑賞する前に、講演を聞き、星野さんの作品の源流に触れてみてはいかがでしょうか。

  • 開催日2017年11月8日 (水)
  • 時間14時~15時 (13時半開場)
  • 場所茅ヶ崎市図書館
  • アクセス茅ヶ崎駅南口徒歩5分
  • 料金無料
  • 主催・協賛団体主催:茅ケ崎市立図書館
    共催:長谷川書店
  • 関連サイトhttps://www.lib.chigasaki.kanagawa.jp/index.html
  • お問い合わせTEL0467-87-1001茅ヶ崎市立図書館
  • 備考講師:聖生 清重氏(富弘美術館館長)
    定員:60名、申込制(先着)
  • チラシ チラシ

アクセスマップ

  • 美術
  • 文化
  • 講演