「紙喰い虫・開高健」展

生涯の友・谷沢永一は「えんぴつ」同人時代、開高が読書に熱中する姿を「紙喰い虫」と名づけています。
「人間の感受性、人間の気分、それを写しとろうとする方向、それに接しえてはじめて、彼の共鳴板がひびきを立てるようであった」(谷沢永一「回想開高健」)

小説家・開高健としての水源は、こうして蓄えられたのです。
何を読み、どう感じ、どのように評してきたか――
開高健の生涯を通じての豊穣なる読書歴をたどります。
(チラシより)

  • 開催日2017年10月14日 (土)~ 2018年3月31日 (土)
  • 時間10時~18時(入館は17時半迄)
    ※金曜、土曜、日曜、祝日開館(臨時休館有)
  • 場所茅ヶ崎市開高健記念館
  • アクセス茅ケ崎駅南口よりコミュニティバス「開高健記念館」下車すぐ
  • 料金各館観覧料200円・「茅ヶ崎ゆかりの人物館」との共通観覧料300円 (18歳未満・高校生以下無料)
  • 関連サイトhttp://kaiko.jp/kinenkan/
  • お問い合わせTEL0467-87-0567 茅ヶ崎市開高健記念館
  • 備考茅ヶ崎ゆかりの人物館・茅ヶ崎市開高健記念館 Facebook
  • チラシ紙喰い虫・開高健展チラシ

アクセスマップ

東京都杉並区に「開高健記念文庫」がオープンします

「開高健記念文庫」は開高健記念会の公益財団法人化を機に、東京・杉並区にあった旧開高宅を、茅ヶ崎の「開高健記念館」とならぶ開高文学のあたらしい発信基地として公開するものです。

開高健及び氏の妻・牧洋子、娘・開高道子も含めた著作、蔵書、関連書、掲載紙や同会の蒐集品類を整理・分類の上順次公開していきます。

場所:東京都杉並区井草4-8-14  地図
開館:2017年11月29日(水)オープン~、毎週水曜・木曜の13時~16時
閲覧:完全事前申込制 ( 記念会HPのフォームまたは 記念会公式Facebookよりお申し込みください)
※受け入れ人数は1度に5人まで
問合:TEL03-6454-7811 (記念会とは別)

詳しくは上記チラシPDFもご参照ください

  • 文化