鵠沼が誇る世界的画家の軌跡「長谷川路可展」

  • 開催日2016年2月16日 (火)~ 2016年5月15日 (日)

hasegawa03.jpgのサムネイル画像 hasegawa07.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像

▲(左)=フレスコ画:「日本聖殉教者教会壁画(イタリア・チヴィタヴェッキア)、(右)=洋画:「妙子女史像」

 

【日時】2016年2月16日(火)~5月15日(日) 10時~16時

【場所】鵠沼郷土資料展示室 地図

【休館】月曜

【料金】入館無料

【内容】

日本画、洋画からフレスコ画、モザイク画など多彩な技法を用いて、国内外に渡り広く活躍した芸術家で、藤沢市鵠沼に本籍を置いた長谷川路可(ろか、1897-1967年)氏の功績を称え、同市鵠沼市民センター内鵠沼郷土資料展示室にて「長谷川路可展」を開催している。東京美術学校在学中の作品から晩年の名作に至るまで、日本におけるフレスコ画のパイオニアとして名を馳せた同氏の人生の“軌跡”を追いながら作品(写真資料)を鑑賞することができる。

【問い合わせ】TEL0466-33-2001 鵠沼市民センター内

  • 美術