【シンポジウム】鎌倉大仏の保存と調査・研究の“曼荼羅”-平成27年度国庫補助事業の成果報告-

高徳院の本尊、国宝銅造阿弥陀如来坐像。「鎌倉大仏」として親しまれている尊像は露仏であるため、保存に細心の注意を払っている。
同院ではm過去四半世紀にわたり、大仏像の状態を多角的に調査し、尊容を永く後世に伝える上で、適正な保存・管理法を検討してきた。
そして、「昭和の大修理」より55年を経た一昨年には、国・県・市からの補助金を得て、大掛かりな大仏像の状態調査とクリーニング作業を行った。
シンポジウムでは、尊像の「健康診断」とも位置づけた同事業の成果概要を報告する。

  • 開催日2018年4月22日 (日)
  • 時間13時半~(13時開場)
  • 場所鎌倉学習センター 2階ホール
  • アクセスJR鎌倉駅東口徒歩3分
  • 料金入場無料・申込不要(当日直接会場へ)
  • 主催・協賛団体主催:国宝銅造阿弥陀如来坐像保存・検討委員会/鎌倉大仏殿高徳院
    共催:鎌倉市教育委員会
  • 関連サイトhttp://www.kotoku-in.jp/
  • TEL0467-22-0703
  • TEL0467-22-0703
  • お問い合わせ鎌倉大仏殿高徳院

アクセスマップ

  • 文化
  • 講演