【映画とお話】ドキュメンタリー映画「ペーパーランタン」

2016年、初めて広島を訪れたオバマ大統領が、核兵器廃絶へ向けたスピーチの後、一人の被爆者と抱擁を交わした光景を覚えていますか?
その人物は森重昭さん。戦後40余年をかけて被爆米兵の足跡をたどり、遺族を探し続けています。
映画「ペーパーランタン(灯籠流し)」は、森さんの活動伝えるためアメリカ人映画監督バリー・フレシェット氏が制作したドキュメンタリー作品です。

本イベントでは映画の上映後、実際に森さんのお話を伺います。

■ドキュメンタリー映画「ペーパーランタン(灯籠流し)」(2016年・米/「PAPER LAMTERNS」)
監督:バリー・フレシェット
上映時間:1時間15分

■お話:森 重昭さん

  • 開催日2018年4月21日 (土)
  • 時間10時~12時(9時半開場)
  • 場所日本キリスト教団 藤沢教会 2F会堂
  • アクセス藤沢駅南口徒歩5分
    ※駐車場はありません
  • 料金大人 800円
    小・中学生 100円
    ※定員200名
  • 主催・協賛団体藤沢友の会
  • 関連サイトhttps://www.fujisawatomonokai.com/
  • TEL0466-81-8428
  • TEL0466-81-8428
  • お問い合わせ藤沢友の会 中塚さん
  • チラシ チラシ

アクセスマップ

  • 文化