2017年3月29日

藤沢南口らんぶる商店会で2回目のネオ・ギター流しイベント3/31(金)開催!

parisnakayama.jpg
 ギターを担いで飲食店などを回り、客のリクエストに応えて演奏する「ギター流し」。昭和30年代~40年代に流行した夜の街の風物詩が、今年3月10日(金)に藤沢南口らんぶる商店会に"復活"した。その第2回目が3月31日(金)に開催される。
 きっかけは、平成27年度に藤沢周辺の商店街のにぎわい創出として開催された「藤沢駅商店街元気サミット」。藤沢駅南口の西側エリア(オーパ付近)一帯の「藤沢南口らんぶる商店会(小栗誠会長)」は、複合ビルの飲食店が多いエリアであるため共通のイベント等を実施するのが難しく、新しいお店は多いものの会員数が増えないことが課題となっていた。そこで、商店街メンバーが集合イベントではない共通の取り組みが何かできないかと模索していたところ、同サミットアドバイザーでマーケティンコンサルタントの西川りゅうじん氏の橋渡しにより、平成流し組合代表のパリなかやま氏と意気投合。古き良き昭和の香り漂う「流し」イベントが実現した。
 前回の開催では予想を上回る大盛況となり、新聞各紙にも取り上げられ、大きな反響を呼んだという。3月31日(金)は18時頃から商店会の店舗約10店舗を回り、ギターと歌で来店客を盛り上げる。出演はパリなかやま氏と女流しの結海(ゆうみ)氏。
【藤沢南口らんぶる商店会 ネオ・ギター流し】
■日時 2017年3月31日(金)、18時頃~
■会場 藤沢南口らんぶる商店会の約10店舗
■内容 ギター演奏と歌による"流し"イベント
    出演:平成流し組合代表・パリなかやま氏、女流し・結海(ゆうみ)氏
rumblemap.jpg
(更新日:2017.3.29)