2017年3月23日

茅ヶ崎在住の写真家と、小学6年生の少年が、"異色コラボ"鉄道写真展を開催!

tetudou05.jpg(※1)
 
茅ヶ崎市在住の写真家・松村康史さん(44=下写真左)と、同じく同市在住の小学6年生・村中風人(ふうと)君(同右)による鉄道写真展が、「ギャラリー街路樹」で開催される。
会期は3/24(金)~3/26(日)の3日間。
 
tetudou04.jpg
親子ほどの年齢差のある2人の“異色コラボ”のきっかけは、6年前、当時幼稚園年長だった風人君が開催した写真展。そのころから鉄道が大好きだった風人くんが、共に絵を描く両親の影響を受けて自宅で開催した同展に、同じく鉄道好きの松村さんが訪れたことからすぐに意気投合。一緒に撮影旅行に出かけるまでになったという。
今回の写真展では、松村さんはブラジルの鉄道なども含めた全国各地の写真から。風人君はここ3年間に撮影した中から展示する写真を選りすぐり、約45点の作品が展示される。
 
tetudou01.jpg(※2) tetudou02.jpg(※3)
 
 
見どころはそれぞれの視点で切り取られた「鉄道」と「人」、「自然」が織りなす景色。
「人生とカメラの先輩として、私から風人君に伝えられることもあれば、風人君のフレッシュな目線や、鉄道へのピュアな思いなど、逆に教えてもらうこともたくさんあり、互いに刺激が受けられていると感じます。
私自身、線路の近くで育ち、鉄道を好きな子供だったので風人君はまるで昔の自分を見るようです。写真も若年ながら筋が良く、今後の成長がとても楽しみ。今回の写真展にも出来るだけ多くの方にご来場いただき、彼の将来の役に立つような、貴重な経験になることを願っています」(松村さん)
 
tetudou03.jpg(※4)
 
松村さんは24日と26日、風人君は3日間在廊予定。
 
※1=松村さん、※2~4=風人君撮影
 
【茅ヶ崎在住の写真家と少年の異色コラボ鉄道写真展 松村康史×村中風人】
◆日時:2017年3月24日(金)~3月26日(日)
◆場所:「ギャラリー街路樹」(茅ケ崎駅南口徒歩10分、マンション茅ヶ崎1F) 地図
◆料金:無料
◆問い合わせ:TEL0467-58-1231ギャラリー街路樹